ヘアラインアートメイクのメリット、デメリットを徹底調査!

近年、消えないメイクとして話題のアートメイクを、ヘアラインに施術する『ヘアラインアートメイク』が注目を集めています。

おでこの形をきれいに見せたり、生え際を綺麗に整えたりすることができますが、一体どのような施術法なのでしょうか?

そこでこの記事では、ヘアラインアートメイクについてメリットやデメリット、注意点などをご紹介していきます。

おでこを狭くして小顔にしたい方生え際が気になる方に、特に読んでいただきたい内容となっておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\無料カウンセリング実施中/

公式サイト:https://artmake-g.com/

【この記事の監修者】

Tina(Yamada)さん

プロフィール

アジアを舞台にアートメイクを展開。様々な国際コースを修了。 左右両利きで施術を行える。AMGアートメイク技術統括。創業者。

保有資格

Phibrows Artist 資格保有 BAN8KOK BEAUTY プロフェッショナルPMUフルコース修了 DMITRY KHATKIN PMUアドバンスコース修了 HAIR SCALP CENTER SMPエッセンシャルコース修了 NANO REMOVALコース修了etc...

クリニック紹介

HP:アートセルクリニック日比谷(アートメイクギャラリー)

SNS

Instagram:yamada_artmake_gallery_
Instagram:artmake_gallery

ヘアラインアートメイクとは

ヘアラインアートメイクとは、髪の生え際に手彫りで色素を入れ、あたかも髪の毛があるかのように見せるアートメイクのひとつです。

生え際のラインを整えることで女性らしい額の丸みを演出でき、顔に立体感が出ることも。

さらに、おでこのラインが綺麗に見えるので、前髪を上げるオールバックスタイルのヘアアレンジや、前髪をかきあげたスタイルも楽しめるようになるでしょう。

施術によって地毛が抜ける心配はなく、美しくヘアスタイルが決まるので、幅広い年層から人気のあるアートメイクです。

そのため、下記のような方におすすめの美容治療です。

ヘアラインアートメイクがおすすめな人まとめ
  • 生まれつきおでこが広めで、おでこの面積を狭くしたい人
  • 生え際が薄くなってきた人
  • 生え際に左右差があり、左右対称にしたい人
  • ヘアラインの形にコンプレックスがある人
  • 短期間で見た目を変えたい人

とはいえ、ヘアラインアートメイクにもメリット・デメリットがございますので、ここからはその点について解説していきますね。

\無料カウンセリング実施中/

公式サイト:https://artmake-g.com/

ヘアラインアートメイクのメリット

まずはヘアラインアートメイクのメリットを次の5つご紹介していきます。

ヘアラインアートメイクのメリット
  1. 小顔効果
  2. 薄くなった生え際を足すことで若々しい印象に
  3. ガタガタの生え際のラインを整えすっきりしたフェイスに
  4. 汗やお風呂でも落ちない
  5. ヘアアレンジが楽しめるように
1つずつ詳しくみていきましょう。

小顔効果

アートメイクによって額を狭くすることで、顔の余白を減らすことができ、小顔効果が期待できます。

またヘアラインを整えることで、顔がスッキリとした印象に変わり、清潔感も生まれるでしょう。

薄くなった生え際を足すことで若々しい印象に

ヘアラインの線が増えることで前髪の透け感がなくなり、はっきりとした印象になります。

また、生え際にボリュームが増えたように見えるため、若々しい雰囲気になる方もいらっしゃいます。

ガタガタの生え際のラインを整えすっきりしたフェイスに

生え際の左右非対称がコンプレックスの方でも、左右対称に整える施術が可能です。

生え際の不均一感をなくすことができるため、ヘアラインのアンバランス感に悩まなくなるでしょう。

汗やお風呂でも落ちない

シェーディングのように化粧品を使って生え際を足す方法は、汗やお風呂で落ちてしまいますが、アートメイクは毛並みを1本1本手彫りで再現し、水で落ちることもなければ、朝、目が覚めて消えていることもありません。

そのため、突然の雨や温泉、プールなども生え際を気にせず、メイク直しする手間もなく、全力で楽しめます。

ヘアアレンジが楽しめるように

ヘアラインの形が左右非対称で悩みをお持ちの方の中には、オールバックや生え際の見えるヘアアレンジができずにいた方もいると思います。

ですが、ヘアラインアートメイクをすることにより、生え際に悩むことがなくなるため、コンプレックスを気にすることなく、自分の試したい髪型を楽しめます。

\無料カウンセリング実施中/

公式サイト:https://artmake-g.com/

ヘアラインアートメイクのデメリット

メリットの多いヘアラインアートメイクですが、もちろんデメリットもございます。

気をつけないと後悔することになってしまうケースがあるため、デメリットについても確認しておきましょう。

先にまとめると、下記の通りです。

ヘアラインアートメイクのデメリット
  • 一度入れたら完全には消せない
  • 1~3年で退色する
ではさらに詳しくご紹介していきますね。

一度入れたら完全には消せない

ヘアラインアートメイクは、皮膚のターンオーバーやライフスタイルによって薄くはなるものの、完全に色が消えることはありません。

除去するには除去剤やレーザーを使った治療が一般的で、手間や費用がかかってしまいます。

また、アートメイクは基本的に明るい色を暗い色にすることは可能ですが、反対に色を明るくすることはできません。

自分が希望しているデザインと施術者の想像しているデザインが違っていて、仕上がりに満足できないという可能性もありますので、事前に施術者と細かく相談しておきましょう。

さらに、これらのトラブルが起きないよう、下記のような点を意識し、クリニック選びやデザインを決めると良いでしょう。

ヘアラインアートメイクを施術する前の確認点
  • 今後のヘアカラーに大きな変更がないか確認する
  • 施術を受けたいクリニックの口コミやインスタグラムをチェックし、評判を確認する
  • 知識と経験が豊富な施術者がいて、相談できる症例数の多いクリニックで施術を受ける
  • デザインに納得がいくまで話し合う

1~3年で退色する

アートメイクで入れた色は、完全に消えないものの、年月が経つと徐々に色が薄くなってしまいます。

色が退色する原理としては、ヘアラインアートメイクの色素が、表皮層のターンオーバーによって古い角質とともに剥がれ落ちてしまうためです。

頭皮は他の施術箇所に比べ、油分が多く色素が落ちやすい傾向にあります。

そのため『リタッチ』と呼ばれるメンテナンスを定期的に行う必要があるのです。

定期的にメンテナンスを受ける必要があることから、

  • 通いやすい価格設定
  • 家から通いやすい距離や場所にあるか
  • 予約は取りやすいか
といった基準でもクリニックを選ぶと、長期的に通いやすく持続的にヘアラインアートメイクを楽しむことができますね。

\無料カウンセリング実施中/

公式サイト:https://artmake-g.com/

ヘアラインアートメイクを行う際の注意点

ヘアラインアートメイクは医療行為です。

そのため、施術を受ける際に以下4つの注意点があります。

ヘアラインアートメイクを施術する注意点
  1. 3日間はシャンプーできない
  2. 生え際のメイクは1週間できない
  3. 1ヶ月間はカラーやパーマはできない
  4. 1回では色は定着しない。2回の施術でカラー定着(個人差アリ)
場合によっては肌トラブルを引き起こす原因となってしまうこともありますので、事前に把握しておきましょう。

3日間はシャンプーできない

施術直後は、感染や色落ちの原因になるため、3日間は施術部位は濡らさない注意をして頂きます。

また代謝を上げる事で、施術後の痛みや腫れ、赤みが強くなる可能性があります。

生え際のメイクは1週間できない

アイメイクやリップメイクなどの生え際に触れないメイクはできますが、ファンデーションや下地、日焼け止めなどは、生え際の施術箇所を1週間は避けるようにしましょう。

また、クレンジングや洗顔をする際は、施術箇所を避けて肌をこすらずメイクオフし、肌への刺激を最小限にしましょう。

ヘアラインアートメイクの施術を検討されている方は、

  • 1週間を通して、用事や外出の少ない日に施術を受ける
  • 施術箇所を避けてメイクをする

などの対処が必要かもしれませんね。

1ヶ月間はカラーやパーマができない

カラー剤やパーマ液の刺激によって肌が腫れてしまったり、炎症を起こしてしまったりする恐れがあるため、ヘアラインアートメイク後の1ヶ月間は、カラーやパーマができません。

そのため、施術前にヘアラインアートメイクに合わせて、カラーやパーマを済ませておきましょう。

1回では色は定着しない。2回の施術でカラー定着(個人差あり)

ヘアラインアートメイク施術後しばらくは、施術直後のような綺麗な状態が続きます。

しかし、時間が経つにつれてターンオーバーにより、徐々にアートメイクで入れた色が抜けていきます。

1回目の施術では、もともと体内に存在していなかった色素が体内に入り込むので、体が余分な物だと判断し、体外へ排出しようとするのです。

そのため、1回では色が定着せず、数回の施術を受ける必要があります。

1回限りの施術ではないため、自宅から遠いクリニック、特に韓国でヘアラインアートメイクを受けるのは避け、通いやすいクリニックで施術を受けるようにしましょう。

\無料カウンセリング実施中/

公式サイト:https://artmake-g.com/

まとめ

おでこの形をきれいに見せたり、生え際を綺麗に整えたりすることができるヘアラインアートメイク。

施術を受けている方が増えつつあるアートメイクですが、一度入れたら完全には消せず、除去や色の変更にも手間と費用がかかってしまいます。

そのため、ヘアラインアートメイクを施術する前に、施術者や医師と念入りに打ち合わせや相談を行い、自分にあう色やデザインを選んでおく必要があります。

また、クリニック選びも重要ですので、事前に口コミをチェックしておきましょう。

ヘアラインアートメイクは、小顔効果や生え際のコンプレックスを解消し、理想のヘアアレンジができるよう、後押ししてくれるかもしれません。まずは一度クリニックにご相談してみてはいかがでしょうか?

\無料カウンセリング実施中/

公式サイト:https://artmake-g.com/