アイラインアートメイクってどんなもの?メリットやデメリットについて解説!

毎日のアイメイクって意外と大変ですよね。

  • 「毎朝のアイメイクにかける時間をもっと短くしたい!」
  • 「アイメイクを落とした自分にも自信を持ちたい!」
  • 「今日うまく描けたアイラインをずっとキープしたい!」

と考えることはありませんか。

アイラインのアートメイクは、そんな人に選ばれている人気の施術です。

しかし、実際にアートメイクの施術をしたいと思っても、初心者の方は不安ですよね。

  • 「アイラインアートメイクってどんな特徴があるんだろう」
  • 「メリットだけじゃなくデメリットも知っておきたい」
  • 「施術の流れや注意点を教えてほしい」

など、良い点だけではなく悪い点も含めて、事前に知っておきたいことって色々ありますよね。

そこで今回の記事では、アイラインのアートメイクを行う前に知っておいた方が良いことをまとめて解説しました。

「アイラインのアートメイクがあなたに向いている施術なのか?」しっかりわかるようになっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【この記事の監修者】

Tina(Yamada)さん

プロフィール

アジアを舞台にアートメイクを展開。様々な国際コースを修了。 左右両利きで施術を行える。AMGアートメイク技術統括。創業者。

保有資格

Phibrows Artist 資格保有 BAN8KOK BEAUTY プロフェッショナルPMUフルコース修了 DMITRY KHATKIN PMUアドバンスコース修了 HAIR SCALP CENTER SMPエッセンシャルコース修了 NANO REMOVALコース修了

クリニック紹介

HP:アートメイクギャラリー

SNS

Instagram:yamada_artmake_gallery_

アイラインアートメイクの特徴とは

アイラインのアートメイクは、専用の色素を目元に馴染むように着色していく医療行為のひとつです。

患者様の希望に合わせて、目の形や二重の幅、左右差などをチェックしながら仕上げていくので、お好みのアイラインに仕上がります。

ノーメイクの状態でも目の華やかさがアップしますし、毎日のアイメイク時間の短縮にもつながります。20代~60代まで、幅広い世代の女性が施術を受けています。

アイラインアートメイクが向いている人とは

アイラインアートメイクは以下のような人に向いている施術です。

アイラインアートメイクに向いている人
  • 自分でアイメイクをするのが苦手な人
  • メイクになるべく時間をかけたくない人
  • スポーツで汗をかくことが多い人
  • 加齢により皮膚が弛みアイラインが描きにくい人

自分でアイメイクをする必要がなくなるため、メイクが苦手な人や時間をかけたくない人に向いている施術といえます。

また、プールや温泉、サウナなどに行っても消えることがないので、スポーツをする人や汗をかきやすい人にも選ばれています。

アイラインアートメイクに年齢制限は一切ありません。年齢を重ね、加齢による皮膚のたるみや、老眼で見えにくいためラインが描きにくくなったなど、アイメイクに苦戦している人にも最適です。

アイラインアートメイクができない人とは

アイラインアートメイクができない人は以下のような人です。

アイラインアートメイクができない人
  • 目元の施術(まぶたの整形・まつ毛のエクステなど)をしたばかりの人
  • 花粉症の人(花粉が飛ぶシーズンのみ)
  • 目の疾患がある方

目元の施術をしたばかりの人は、施術部位の腫れや皮膚の状態が落ち着くまではできない場合があります。

基本的にダウンタイムを明けて傷が落ち着いたらアートメイクを行えますが、手術内容や目の状態によっても変わるので、カウンセリング時にしっかり相談してみてくださいね。

まつ毛エクステは施術前にオフして頂ければ施術可能になります。

他にも、花粉症の人はできるだけ花粉の時期は避けた方が良いでしょう。

アートメイクの施術後は目をこするのはNG。花粉症の人は、無意識に目をこすってしまうことがあるので、花粉が飛散するシーズンは避けておいた方が無難です。

また、施術当日の体調や肌の状態によっては、アイラインアートメイクができないことがあります。

アイラインアートメイク:3つのメリット

アイラインアートメイクのメリットを3つ紹介します。

アイラインアートメイクのメリット3つ
  1. 好きなデザインのアイラインをキープできる
  2. メイクの時間が短縮される
  3. すっぴんでも自信が持てる

それぞれ説明していきますね。

1.好きなデザインのアイラインをキープできる

アイラインアートメイクで、あなたが好きなデザインのアイラインをキープすることができます。

アートメイクはしばらく持続するので、アイラインを自分で描く必要がありません。

まつ毛とまつ毛の間に色素を着色しているので、目力がつくだけでなく、まつ毛が増えたように見えるのも特徴です。アイラインひとつで顔全体の雰囲気が大きく変わります。

2.メイクの時間が短縮される

アイラインのアートメイクをすることで、毎日のメイク時間を短くすることができます。

女性は毎朝、化粧や髪型のセット、身だしなみを整えることを当たり前にやっていますが、かなりの時間がかかりますよね。

アイラインアートメイクをすれば、メイクにかかる時間をグッと短縮できるので、その分朝の貴重な時間を有効に使うことができます。

3.すっぴんでも自信が持てる

メイクを落として、すっぴんになっても自信が持てるようになります。

メイクの前後では顔の印象は変わりますが、アイラインアートメイクをしていれば目力をそのままキープできます。

プールやスパ、温泉などですっぴん状態になっても安心です。また、汗をかいてもアートメイクが滲んだり、薄くなったりすることはありません。

アイラインアートメイク:3つのデメリットや注意点

アイラインアートメイクのデメリットや注意点を3つ紹介します。

アイラインアートメイクのデメリット3つ
  1. アイラインは痛みを感じやすい可能性がある
  2. デザインの変更や修正が難しい
  3. 完了までに1~3回の施術が必要

それぞれ詳しくまとめていきますね。

1.アイラインは痛みを感じやすい可能性がある

目元の皮膚は薄くとてもデリケートな場所なので、個人差はありますが痛みを感じやすい場合があります。

でも、アイライン専用の麻酔(塗るタイプの麻酔)を使用するので、安心してください。痛みがないか施術者が確認しながら、慎重にアートメイクを進めていきます。

2.デザインの変更や修正が難しい

アートメイクは、色素を入れると1~2年ほどで薄くなっていきますが、完全に消えるわけではありません。

そのため、施術後に「もっとこうして欲しかったなぁ」と思っても対応がしづらい可能性があります。

施術前のカウンセリングでしっかりシミュレーションしながら、慎重に行いましょう。

3.完了までに1~3回の施術が必要

基本的にアートメイクは1~3回の施術をするのが一般的です。

自然な仕上がりにするために、1回目はベースを作り、2~3回目で色や左右差、ムラを調整していきます。

初めての人は、2回セットで施術するのがオススメです。初回から次の施術までは、アートメイクが馴染むのを待ち、最短でも1ヶ月は空けましょう。

アイラインアートメイクの施術の流れ

アイラインアートメイクの施術の流れは5ステップです。

  1. カウンセリング
  2. デザインを決める
  3. 麻酔をする
  4. 施術をする
  5. 最終調整/アフターケア

それぞれ説明していきますね。

ステップ①:初回カウンセリング

まず、問診表に沿ってカウンセリングを行います。

これまでの手術歴や病歴、現在のお肌の状態を確認し、アートメイクができるかどうか判断していきます。もし、この時点で不安なことがあったら医師か看護師に何でも質問しましょう。

所要時間は15分~20分ほどです。

ステップ②:デザインを決める

あなたの目の形や骨格を見ながら、好みのアイラインのデザインを決めていきます。納得するまで、じっくりデザインするので安心してください。

ステップ③:麻酔をする

デザインに納得できたら、表皮麻酔を行います。塗るタイプなので、麻酔自体に痛みはありません。

もし、痛みに弱い人や不安な人は遠慮せずに伝えましょう。

麻酔を塗った後は15分ほど時間を置きます。

ステップ④:施術をする

次に専用の器具を使い、色素をアイラインに注入していきます。
※ARTMAKE GALLERY(アートメイクギャラリー)では、使用する器具は消毒され、直接触れる物は使い捨ての物を使用しています。

施術のはじめは緊張する人がほとんどですが、慣れてくると寝てしまう人もいます。

施術者があなたとコミュニケーションを取りながら、慎重に処置してくれるので不安になる必要はありません。

施術にかかる時間は、1~2時間ほど。施術する範囲や手技によって時間は変わってきます。

ステップ⑤:最終調整/アフターケア

最後に鏡を見ながら仕上がりを一緒にチェックしていきます。

調整ができるので、「もうちょっとこうして欲しいな」と思うことがあれば、遠慮せずに伝えましょう。

最後にアフターケアの説明もしっかり行います。

アイラインアートメイクの施術料金

次にアイラインアートメイクの料金について紹介していきますね。

ARTMAKE GALLERY(アートメイクギャラリー)のアイラインアートメイクは、2つのメニューに分かれていて、それぞれ料金が異なります。

チャーミーアイライン(上) 1回71,500円
2回 121,000円
追加 66,000円
チャーミーアイライン(下) 1回 49,500円
2回 77,000円
追加 44,000円
アイライン(上) 1回 60,500円
2回 99,000円
追加 55,000円
アイライン(下) 1回 49,500円
2回 71,500円
追加 44,000円

※表示料金はすべて税込です。

2つのメニューの違いや、自分がどのメニューで受けるべきか悩んでいる場合は、カウンセリングで納得いくまで相談しましょう。

アイラインアートメイクの施術回数は、1回で満足する人もいるのですが、まずは2回コースを推奨しています。

施術を2回以上重ねることで、デザインや色の微調整などを行えます。

アイラインアートメイクに関するQ&A

アイラインアートメイクの施術をする前に、よくある質問をまとめておきます。

アイラインアートメイクのよくある質問
  • どれくらい持続するのか?
  • 施術後すぐにメイクはしても良いのか?
  • 入浴や運動はいつからできるのか?
  • 施術の後は腫れるのか?
  • コンタクトやまつ毛エクステをしたまま施術できるのか?

それぞれ解説していきますね。

どれくらい持続するのか?

アイラインアートメイクの効果は、個人差はありますが1年~2年といわれています。

早い人だと、1年ほどで少しずつ注入した色素が薄くなっていきますが、完全に消えるわけではありません。

生活環境や肌質などによっても持続期間は変わってきます。

施術後すぐにメイクはしても良いのか?

施術した部位のメイクは1週間は避けましょう。施術後の患部は、デリケートな状態なのでなるべく刺激は与えないようにした方が良いです。

それ以外の部位(ファンデーションやリップなど)は、施術の直後からメイクしても問題ありません。

入浴や運動はいつから可能か?

入浴は当日から可能ですが、汗をかくほどの長時間の入浴や運動は1週間は控えましょう。

施術から1週間は、施術部位を濡らさないように注意をしましょう。目元以外のスキンケアは、今まで通り行っても問題ありません。

施術後は腫れるのか?

アイラインアートメイクの施術後に腫れ、赤み、かゆみが出る場合があります。

温めてしまうと赤みやかゆみが出やすくなるので、保冷剤をタオルに包んで冷やすと効果的です。もし状態が気になる場合は、遠慮なくクリニックまで連絡しましょう。

コンタクトやまつ毛エクステをしたまま施術できるのか?

コンタクトレンズは事前に外してもらいます。

まつ毛のエクステも付けていない方が施術はスムーズに進むので、外して来院するようにしましょう。

施術後は、最低でも2週間はまつ毛のエクステやまつ毛パーマなどはお休みする必要があります。

まとめ

ここまでアイラインアートメイクのメリットや注意点などを解説してきました。

年齢を問わず女性に人気の施術ですが「本当にあなたが求めている施術なのか」しっかりチェックしておくことが大事ですよね。

最後にもう一度、アイラインのアートメイクについて押さえておくべきポイントをまとめておきますね。

最低限の注意点は、

注意点
  • 1~2年かけて少しずつ色素は薄くなってくる
  • 完了までに1~3回の施術を受ける必要がある
  • 大幅なデザインの変更や修正は難しい

アイラインに限らず、アートメイクは1年半~2年ほどでだんだん注入した色素が薄くなっていきます(個人差あり)。

なので、年齢とともに変化する顔立ちに合わせて、定期的にメンテナンスをすることがとても大事です。

また、施術を開始してからの大幅なデザイン変更は難しい可能性があります。最初のカウンセリング時に施術者としっかり打ち合わせをしておきましょう。

あなたが得られるメリットは、

メリット
  • アイメイクにかける時間が短くなる
  • 汗をかいたりプールに入ったりしてもアイラインが崩れない
  • あなたの好きなアイラインをノーメイクの状態でもキープできる

アイラインアートメイクをすれば、日々のメイク時間を短縮できます。

何よりもお気に入りのアイラインをキープできるので、すっぴんになっても自信が持てるようになります。また、汗をかいたり水に濡れたりしても、アイラインが崩れることはありません。

ぜひ、あなたも理想のアイラインを手に入れるために挑戦してみてはいかがでしょうか。