アートメイク施術後の化粧はいつからOK?当日のメイクや注意点について解説!

理想のナチュラルメイクを再現できると、人気上昇中のアートメイク。

施術を検討している方の中には、

アートメイク施術後はいつから化粧できるの?

施術当日の化粧はどうすればいいの?

といった疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、アーメイク施術後の化粧や、施術前後・施術部位ごとの注意点についてご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

知識と経験が豊富なアーティスト多数が在籍する当院AMG(アートメイクギャラリー)では、無料カウンセリングを実施しています。

アートメイクの施術を検討している方は是非、無料カウンセリングを受けてみて下さいね。

アートメイク施術後の化粧はいつからできる?

アートメイクの施術を受けた後、すぐに化粧ができるのかどうか気になりますよね。

当院AMG(アートメイクギャラリー)では、施術直後の化粧は1週間は控えて頂くようお願いしてます。

施術部位以外へのメイクは大丈夫ですが、傷口になっている施術部位に影響が出ない様に注意が必要です。

化粧を控える以外にもいくつか注意点があるので、記事後半でご紹介しているアートメイク施術前後の注意点をよく確認しておきましょう。

また、施術部位の傷の修復には個人差があります。

1週間はあくまで目安なので、傷口が完治していない場合は1週間という期間に関係なく化粧等は控えましょう。

施術部位の化粧を避けなければならない理由

施術部位への化粧は1週間を目安に控える必要があるとお伝えしましたが、なぜ化粧を避けなければならないのでしょうか。

理由は主に以下の3つです。

ひとつずつ解説していきます。

1.感染予防

アートメイクの施術直後、施術部位の皮膚は傷ついています。

施術時は麻酔をしていて痛みを感じませんし、傷口は細かくて分かりずらいかもしれませんが、傷が完治するまでお肌はいつも以上にデリケートな状態です。

普段は問題ありませんが、化粧に使う道具などに付着した雑菌や化粧品に含まれる成分で、傷口から感染し施術部位が炎症を起こす可能性があります。

化粧以外にも感染のリスクがあるので、記事後半でご紹介しているアートメイク施術前後の注意点をよく確認しておきましょう。

2.色素を定着させるため

色素を入れたばかりの患部は、まだ色素が完全に定着しているわけではありません。

傷口が完治していない状態で化粧をして、クレンジングや洗顔などをすると、せっかく入れた色素が落ちてしまったり、変色してしまう可能性があります。

そのため、施術部位への化粧はもちろん、施術部位以外への化粧をした場合でも、化粧落としや洗顔には注意が必要です。

施術部位はなるべく濡らさずに化粧を落とすために、AMG(アートメイクギャラリー)では、施術直後1週間は施術部位付近は拭き取り洗顔をおすすめしています。

3.肌トラブルを避けるため

アートメイク施術直後の患部はとてもデリケートな状態になっています。

炎症やその他感染症といった肌トラブルをおこさないためにも、施術部位への化粧を避けて、その他注意点に気を付けることが大切です。

当院では保湿と傷の治りをフォローする軟膏をお渡しますので、1週間は朝晩必ず薄く塗ってお過ごしいただくようにお願いしています。

アートメイク施術前後の注意点

アートメイクを施すにあたって、化粧以外にも注意すべき点がいくつかあります。

施術を検討している方は、以下の注意点5つを事前に確認しておきましょう。

それぞれ解説していきます。

1.激しい運動・サウナ・長時間の入浴

施術部位を濡らさないために、激しい運動やサウナ・長時間の入浴といった発汗を伴う行為は、アートメイク施術後1週間は控えましょう。

2.温泉やプール

温泉やプールに関しても、施術後1週間は控えましょう。

これら水場のレジャースポットでは、特に感染症の恐れがあるのでお控えください。

3.日焼け

日焼けをしてしまうと、施術部位の色褪せの原因になる可能性があります。

そのため、施術前の2週間、施術後2週間は日焼けを避けましょう。

4.飲酒

アートメイクの施術前後24時間以内の飲酒は避けましょう。

飲酒によって麻酔の効果が妨げられ、施術が続けられなくなる場合があります。

施術後の飲酒は、血行が良くなることにより、痛みが強くなる、また、定着への影響も考えられます。

5.クレンジング・洗顔

施術後は1週間、なるべく濡らさないようにする必要があります。

アートメイクギャラリーでは1週間は施術部位近くは拭き取り洗顔をおすすめしています。

アートメイク施術前後の注意点に関しては、ここでご紹介している他にもお客様によって異なるケースがありますので、気になる事があれば事前のカウンセリングでご相談下さい。

施術部位ごとの注意点

アートメイクの施術部位は眉毛だけに限りません。

AMG(アートメイクギャラリー)では、アイライン・リップ・ヘアラインといった部位も人気の施術部位となっています。

ご予約の際や、事前カウンセリングでもご案内をいたしますが、それぞれ部位ごとに細かい注意点があるのでご紹介していきます。

アイライン

アイラインの施術を希望される方でコンタクトをお使いの場合は、角膜に損傷を起こす場合があるので、必要な方は当日眼鏡をご持参頂いて、施術後2~3日は眼鏡を使用して下さい。

まつ毛エクステは施術の妨げになりますので、当日は外してご来院下さい。

施術後の経過に異常が無ければ2週間後からまつ毛エクステを付けることができます。

アイラインの施術に関しては、当日~翌日は特に腫れが予想されますので、ご都合の良い日に合わせて施術を受けることをおすすめします。

また、チャーミーアイラインをご希望の方は定着のため、最低2回の施術が必要となります。

アイラインアートメイクってどんなもの?メリットやデメリットについて解説!

2020年12月27日

リップ

リップアートメイクは、ご自身の唇のラインを整える範囲で行います。

大幅なインラインやアウトラインへの施術はすることができないので、あらかじめご了承下さい。

また、施術の性質上、通常2~3回と回数を重ねて色素を定着させる必要があり、濃いカラーをご希望の方は、その分定着までに回数がかかります。

個人差はありますが、施術後2,3日で腫れ引き、2~5日後に唇が荒れたように皮が剥け始めます。

施術後数日間は傷の治療を妨げないように辛い物や刺激物をお控えて、変色や色褪せの原因になる口紅・日焼けは、最低2週間は避けましょう。

唇が乾燥した状態だと麻酔・インクの定着が悪くなりますので、施術当日の1週間前からワセリンやリップクリームで保湿ケアを充分に行って頂ければ幸いです。

お好みのリップカラーや、AMGのインスタグラムにある症例写真をご持参頂くとイメージを共有しやすくなります。

インスタグラムはAMG公式サイトから見ることができるので、気になる方は是非見てみてくださいね。

リップアートメイクで理想の口元を手に入れる!気になる料金や施術の流れまで徹底解説

2020年12月27日

ヘアライン

ヘアラインの施術をご希望の方は、事前準備として当日にシャンプーをしてご来院頂き、施術当日から3日間は施術部位の洗髪を避けましょう。

患部はデリケートな状態ですので、3日目以降はあまりこすらないよう優しめに洗髪して、当院にてお渡しする軟膏を朝晩塗って下さい。

施術から1週間はドライヤーの直風は避けましょう。

カラー、パーマは1ヶ月後から、カットは1週間後から可能になります。

1回目の施術の定着率は50%前後です。

3週間後2回目の施術でカラーの定着を目指しますが、ご希望のお仕上がりまでにかかる回数には個人差があります。

施術当日は化粧をしていく方がいいの?

デザインは、イメージのお写真やご要望をお伺いし、黄金比をベースにお客様の骨格の歪み・表情の癖・眉の位置・毛並みを確認しながら行います。

しかし、普段のメイクとあまりにもかけ離れてしまっては、施術後の違和感に繋がってしまう恐れもあるので、当日は普段通りのメイクでお越しいただく方が、好みやご希望のイメージが伝わりやすいです。

注意点としては、当日から1週間はなるべく濡らさない洗顔が必須なので、施術箇所は普段通りのメイクで、それ以外はメイクオフのしやすさを考慮したナチュラルメイクをおすすめします。

アイラインをご希望の方は施術の妨げにならないよう、まつ毛エクステは当日までにオフにしておきましょう。

まとめ

アートメイクの施術をした後は、感染症やお肌トラブル、色素の定着の観点から化粧は1週間を目安に控えて下さい。

施術に関して不安なことがある場合は、当院AMG(アートメイクギャラリー)でご案内している施術前後の注意点をご確認頂き、事前カウンセリングで詳しく聞いてみましょう。

AMG公式サイトでは、インスタグラムで実際の症例写真などを掲載しているので、アートメイクを検討している方は是非参考にしてみてくださいね。